マンUの補強は不十分? 英紙の新シーズン予想システムは昨季とほとんど顔ぶれが変わらず……

マンUを率いるモウリーニョ photo/Getty Images

マンCとの差は縮まるのか

マンチェスター・ユナイテッドは2017-18シーズンにライバルのマンチェスター・シティに勝ち点差を19もつけられて2位に終わった。2位は悪くない成績だが、マンCとの差は想像以上に開いている。

サポーターとしては今夏の補強でマンCとの差を縮めてほしいところだろうが、ここまでそれほど派手な動きは見せていない。シャフタール・ドネツクからブラジル代表MFフレッジ、ポルトからポルトガル人DFディオゴ・ダロトを獲得したくらいで、ベースは昨季からあまり変わっていない。

英『Daily Mirror』は新シーズンの予想スタメンを紹介しているが、やや補強が不十分と考えているようだ。

GKはダビド・デ・ヘアで不動で、最終ラインの顔ぶれは右からアントニオ・バレンシア、フィル・ジョーンズ、エリック・バイリー、アシュリー・ヤングと変わらない。ダロトはバレンシアのバックアッパーとなるだろう。

中盤はネマニャ・マティッチ、ポール・ポグバ、新加入のフレッジの3人が務める可能性が高く、前線はアレクシス・サンチェス、ロメル・ルカク、残る1枠をマーカス・ラッシュフォード、ジェシー・リンガード、アントニー・マルシャルで奪い合う構図か。

同メディアはセンターバックに不安があると指摘し、トッテナムからDFトビー・アルデルヴァイレルトを獲得できれば大きいと主張。さらに前線にレアル・マドリードFWガレス・ベイルを加える夢の補強ができれば、ジョゼ・モウリーニョのチームはほとんど完成形になると見ているようだ。

マンCとの差は補強面だけではないが、昨季と変わらぬ陣容で戦い抜けるのか。不安に感じているサポーターもいるはずだ。

・予想スタメン

GK
ダビド・デ・ヘア

DF
アントニオ・バレンシア(ディオゴ・ダロト)
フィル・ジョーンズ(クリス・スモーリング)
エリック・バイリー
アシュリー・ヤング(ルーク・ショー)

MF
ネマニャ・マティッチ(マルアン・フェライニ)
フレッジ(アンデル・エレーラ)
ポール・ポグバ

FW
アレクシス・サンチェス
ロメル・ルカク
アントニー・マルシャル(マーカス・ラッシュフォード、ジェシー・リンガード)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ