まさに波状攻撃 F・マリノス、1試合で3人が“1G1A”のゴールラッシュ![映像アリ]

仙台戦でハットトリックを達成した伊藤翔 photo/Getty Images

遅攻&速攻ともに威力抜群

18日に明治安田生命J1リーグの第16節が行われ、横浜F・マリノスがベガルタ仙台に8-2で勝利した。

2分の天野純の得点を皮切りに、前半だけで4点を奪ったF・マリノス。最前線の伊藤翔がハットトリックを達成したほか、DFの山中亮輔や金井貢史、右ウイングFWとして出場した仲川輝人の計3名が1ゴール1アシストを記録するなど、人数をかけた分厚い攻めでベガルタの守備を粉砕した。今シーズンの序盤戦ではショートパス一辺倒の攻撃が災いし、相手の守備ブロックを切り崩せない場面が目立った同クラブだが、試合を重ねるごとにこの傾向が改善。同試合ではロングフィードで相手のハイプレスをいなす場面や、相手のウイングバックの背後にウイングFWやサイドバックを走らせるシーンが多く見られた。シーズン序盤より磨き上げてきた遅攻だけでなく、速攻の威力も増した同クラブだが、このまま勝利を積み重ねることができるだろうか。


参照元:youtube

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ