チェルシー、守護神クルトワの後釜として驚きの補強を画策か!?

2015年夏にチェルシーからアーセナルへ移籍したGKチェフ photo/Getty Images

チェフの再獲得を検討

新指揮官にマウリツィオ・サッリ監督を迎え入れたチェルシーが、驚きの補強を画策しているようだ。

昨季までチームの守護神を務めてきたベルギー代表GKティボー・クルトワのレアル・マドリード移籍が、毎日のように地元メディアに取り上げられ、守護神の去就に注目が集まっているチェルシー。すでにクルトワの後釜探しに着手しているようで、地元メディアらは様々なGKの名を挙げている。

ローマに所属するブラジル代表GKアリソンの争奪戦を、リヴァプールらと繰り広げているとの報道もあった。しかし英『sky sports』などによると、チェルシーはここにきて、2015年夏にアーセナルへ移籍した元チェコ代表GKペトル・チェフの再獲得を検討している模様。第一候補に挙げていたアリソンのリヴァプール行きが近づいていることから、2011-12シーズンにクラブを初の欧州制覇へと導いた元守護神の獲得を視野に入れているという。

はたして、チェフのチェルシー電撃復帰はあるのだろうか。今後の動向にも注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ