マラドーナが緊急搬送 気になる容態は……

容態が心配されたマラドーナ氏だが...... photo/Getty Images

ナイジェリア戦終了後にダウン

かつてアルゼンチン代表として活躍したディエゴ・マラドーナ氏が、サンクトペテルブルク近くの病院に搬送された。英『INDEPENDENT』が伝えている。
 
マラドーナ氏はロシアW杯のグループリーグ最終節(ナイジェリア対アルゼンチン)を現地観戦。86分のマルコス・ロホの決勝ゴールの際には雄叫びをあげて喜んだものの、試合終了直後にダウン。スタッフ2名に両脇を抱えられてスタジアム内の部屋に運ばれ、そのまま病院に搬送された。なお、命に別状はない模様で、モスクワに向かうプライベートジェット内で笑顔でパイを頬張る同氏の姿が『Diario Ole』で伝えられた。
 
マラドーナ氏が主将を務めていたメキシコ大会(1986年)以降、アルゼンチン代表はW杯の優勝から遠ざかっている。主要な国際大会では欠かさず現地に赴いているが、母国の優勝を見届けることができるだろうか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ