ブラジルVSドイツも? 思わぬ大混戦でロシアW杯はベスト16から超ビッグカード実現か

グループステージで思わぬ苦戦強いられるドイツ photo/Getty Images

グループステージの波乱でベスト16から大注目のカードも

ワールドカップ真の戦いはベスト8からなんて考えていたチームもあったかもしれないが、ロシアワールドカップの状況はやや特殊だ。グループステージから優勝候補と呼ばれる国が苦戦し、ベスト16から決勝戦級のカードが実現する可能性が出てきている。

最大の注目はグループFの2位とグループE首位の対決だ。グループFではドイツ代表が苦戦しており、2位で通過する可能性が出てきている。一方のグループEではブラジル代表が首位通過すると見られており、そうなれば4年前のブラジル大会ベスト4で激突した両チームがいきなり顔を合わせることになる。

グループDで大苦戦しているアルゼンチン代表がグループ2位で通過を果たせば、ベスト16ではグループCを首位で通過するであろうフランス代表と対戦することになる。このカードも実現すれば優勝候補同士の潰し合いとなる。

またスペイン代表とポルトガル代表が同居するグループBは、どちらかがベスト16でウルグアイ代表と対戦することになる。ウルグアイは優勝候補とは言い難いが、かなり癖のあるチームだ。波乱が起きる可能性は十分にあるカードと言える。

現実味が出てきているブラジルVSドイツ、アルゼンチンが奇跡を起こせば大盛り上がりとなるであろうフランスVSアルゼンチン。このカードはベスト16で実現するにはもったいないものだが、サプライズが続いている今大会ではこうしたビッグカードが早々に実現するかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ