イングランド代表に負傷者が…… 怪我をしたのはまさかのサウスゲイト監督!?

肩を脱臼したことで、もうサウスゲイト監督の両手ガッツポーズは見られない!? photo/Getty Images

ランニングで右肩を脱臼

20日、イングランドサッカー協会(FA)が負傷者情報を更新。発表された負傷者は、同代表の指揮官を務めるガレス・サウスゲイト監督だった。

18日に行われたロシアW杯のグループG第1節で、チュニジアと対戦したイングランド。苦戦を強いられたが、ハリー・ケインの劇的弾でなんとか勝利を収め、白星発進を決めた。現在、次戦のパナマ戦へ向けて調整中のイングランド代表だが、20日はトレーニングがオフだったようだ。選手やスタッフら各々が自由に過ごす中、サウスゲート監督はランニングをしてオフを過ごしていた。その際、まさかの右肩を脱臼。急遽治療を受ける事態に陥った。

FAの公式サイトによると、腕を固定したサウスゲイト監督は「我々の周りには、トップクラスの医療チームがいるのでラッキーだった。おかげで大丈夫だよ。彼らのオフを台無しにしてしまったが、華麗なサポートがあったからね」とコメント。さらに「今後は、ゴールを祝えなくなってしまうかもしれないね」などのジョークを飛ばしていた。

大勢の観客がスタジアムへ駆けつけるW杯では、たくさんの声援が飛び交う。そのため、指揮官は声だけでなく、大きな身振りや手ぶりで指示を飛ばす姿が見受けられる。右腕を動かせないサウスゲイト監督は、少々不利な立場に立たされてしまったかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ