スポルティング、新指揮官に“鬼軍曹”を招へい スパルタ指導で再び栄光を!

鬼軍曹としても知られるミハイロビッチ氏 photo/Getty Images

近年リーグ制覇から遠ざかっているスポルティング

ポルトガルのスポルティングは18日、チームの新指揮官にシニシャ・ミハイロビッチ氏が就任することで合意に至ったと発表した。契約期間は、2018-19シーズンから3シーズンとなっている。

現在49歳のミハイロビッチ氏は2006年に現役を引退し、すぐさま指導者キャリアをスタート。現役時代の最終クラブとなったインテルで、ロベルト・マンチーニ監督のアシスタントコーチを2年間務めた。そして、2008年11月にボローニャの指揮官に就任したが、思うような成績を残せず、わずか5ヶ月半で解任された。

その後、カターニアやフィオレンティーナ、サンプドリアなど指導者経験を積むと、2015年夏、不振に陥っているACミランの復権を託された。しかし、開幕戦で敗戦を喫し、なかなか波に乗ることができず、ミラノの名門でも大苦戦。シーズン終了を待たずして、2016年4月に指揮官の座から降ろされることとなった。2016年夏からはトリノを率いていたが、今年1月に解任され、現在はフリーとなっていた。

鬼軍曹としても知られるミハイロビッチ新監督は、近年リーグ制覇から遠ざかっているスポルティングに、再び栄光をもたらすことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ