イニエスタ、強化試合で低パフォーマンス 判明した“ワースト記録”とは

チュニジア代表戦では不完全燃焼に photo/Getty Images

チュニジアの包囲網に苦戦

9日に国際親善試合が行われ、スペイン代表がチュニジア代表に1-0で勝利した。

同試合でフル出場を果たし、代表キャップが127に到達したMFアンドレス・イニエスタ(スペイン代表)。ロシアW杯での活躍が期待されている同選手だが、状態は芳しくないようだ。ポーランドメディア『TVP SPORT』によると、同選手は同試合で23回のボールロストを記録。2016年にフレン・ロペテギ監督(同国代表)が就任して以降、最多のボールロスト数であることが明らかとなった。

複数人でボールホルダーを囲むチュニジア代表の守備に手を焼いたイニエスタ。本大会でも徹底マークに遭うことが予想されるが、的確なポジショニングや華麗な足技で相手の包囲網を掻い潜ることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ