イングランド代表のトッテナム依存に元代表戦士は不安 「彼らは勝ち方を知らないと思う」 

イングランド代表のケイン photo/Getty Images

トッテナムの選手たちはタイトルレースに慣れてない

現在のイングランド代表ではトッテナム所属の選手たちが重要な存在となっている。最前線ではハリー・ケイン、中盤ではデル・アリ、エリック・ダイアー、サイドバックでもキーラン・トリッピアー、ダニー・ローズがいる。11人中5人をトッテナムの選手で構成することができ、マウリシオ・ポチェッティーノが育てた選手たちはイングランド代表に欠かせない。

しかし、アーセナルで活躍した元イングランド代表DFトニー・アダムス氏は不安に感じているところがある。トッテナムの選手たちにクラブでタイトルを勝ち取った経験がないことだ。

英『The Sun』によると、同氏は「勝ち方を知らないのなら、W杯を制することはないだろう。トッテナムの選手たちを私は心配しているんだ。彼らは勝ち方を知らないと思う」とコメントしている。ケインやデル・アリの能力は評価しているようだが、タイトルを争うビッグマッチをクラブで十分に経験していないのは気がかりだ。

イングランド代表は若手も多いフレッシュなチームだが、同氏の恐れる経験不足がW杯本番でどう響いてくるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ