ユーヴェ、イカルディの奪取画策 「イグアイン+63億円」の驚愕オファー提示へ

今季、自身2度目のセリエA得点王に輝いたイカルディ photo/Getty Images

「最高の敵を奪うことはマロッタの戦略」

イタリアの絶対王者ユヴェントスが、ライバルクラブであるインテルからエースの奪取を画策しているようだ。

伊『CORRIERE DELLA SERA』によると、ユヴェントスは前線を活性化させるために、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに目をつけたとのこと。そして、彼の契約解除条項を分析するよう、法律事務所に依頼した。その結果、彼の契約解除金が1億1000万ユーロ(約138億円)に設定されていることから、6000万ユーロ(約75億円)の価値があると評価しているFWゴンサロ・イグアインに、移籍金5000万ユーロ(約63億円)を加えてオファーを提示しようとているという。

同メディアは、ナポリからイグアイン、ローマからミラレム・ピャニッチを獲得した際のことなども取り上げており、当時もユヴェントスは法律事務所に分析を依頼していた模様。「最高の敵を奪うことはマロッタ(GM)の戦略。ユヴェントスが選手を獲得するために法律事務所を訪ねたとき、(相手の)粗探しをするのは無限大だ。ただ、彼らはリスクのある交渉は避ける」との見解を示している。

再びセリエA得点王に照準を合わせたユヴェントス。はたして、イカルディとイグアインのトレードは実現するのか。今後の動向にも注目が集まる。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.209 乾と本田で2度追いつく! 日本代表が魅せた執念のドロー
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ