逆に背番号大きくなった!? アーセナルMFジャカはなぜ29番から34番に変更した?

アーセナルのジャカ photo/Getty Images

背番号へのこだわり明かす

先日アーセナルは公式Twitterにて来季背番号が変わる選手たちを紹介した。GKペトル・チェフが33番から1番へ、DFエクトル・ベジェリンが24番から2番へ、MFモハメド・エルネニーが35番から4番と一桁番号に変更していく中、MFグラニト・ジャカは29番から34番へ変更する。背番号が逆に大きくなったわけだ。

英『Squawka』によると、ジャカが34番に変更したことには特別な意味がある。ジャカはプロになって初めて着用したのが34番であり、兄のタウラント・ジャカもバーゼルで34番を背負っている。家族にとって特別な意味を持つ番号となっているようだ。

「34番は僕にとって非常に大きなものなんだ。プロになって初めての番号だったし、常に僕へ運をもたらしてくれた。背中と腕にもその番号を刺青として入れているからね。兄も34番をつけていて、僕がバーゼルを去ってすぐに引き継いだんだ。僕たち家族にとって非常に重要な番号なのさ」

ジャカはボルシアMGでも34番を背負っており、かなりの思い入れがあるようだ。今回はアーセナルでもその番号を背負うこととなり、来季はさらに好パフォーマンスを見せてほしいところだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ