AチームでもBチームでもOK! レアルに欠かせぬ便利屋DFがキャリア初のシーズン40試合超え

出場機会を増やすナチョ photo/Getty Images

ジダンにとって欠かせぬ存在

時にはセンターバック、時には右サイドバックと、今季レアル・マドリードでフル稼働してきたのがDFナチョ・フェルナンデスだ。セルヒオ・ラモスやラファエル・ヴァランら最終ラインの要に比べてナチョは少々地味な存在ではあるものの、ジネディーヌ・ジダンにとってこれほど便利な選手はいないだろう。

ジダンは主力組をローテーションさせるためにAチーム、Bチームの両方を巧みに使い分けることで有名だが、ナチョはAでもBでもプレイできるレアな存在だ。Bチームだからといって不満を見せるわけでもなく、守備要員としてはAチームのスタメンを任せられるだけの能力を有している。

スペイン『MARCA』も成長したナチョを特集しているが、今季はここまで41試合に出場している。ナチョのキャリアにおいてシーズンに40試合以上出場したのはこれが初めてだ。ジダンがいかにナチョを貴重な存在と捉えているかが分かる数字と言えよう。

右サイドバックのダニエル・カルバハルが離脱した際には穴を埋め、やや危ないシーンがありながらもチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・PSG戦ではネイマール封じも担当した。スター選手というわけではないが、ナチョは欠かせぬ選手となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ