スポルティングFWが「メッシ・モード」の美技 華麗な“2人抜き”を見よ[映像アリ]

プリメイラ・リーガで得点を量産 photo/Getty Images

一時はプレミア行きの噂も

5日にプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)の第33節が行われ、スポルティング・リスボンがベンフィカに0-0で引き分けた。

同試合に先発したFWバス・ドスト(スポルティング/オランダ代表)のプレイが話題を呼んでいる。前半終了間際に同選手が敵陣でボールを奪うと、ふたりの相手選手に行く手を阻まれる。しかし、同選手が華麗なターンで相手選手2名をかわし、ゴール前にクロスを供給した。得点に結びつかなかったものの、ポルトガルメディア『Record』はリオネル・メッシ(バルセロナ)を彷彿とさせる同選手の美技に対し、「メッシ・モード」と賛辞を贈っている。

今季の同リーグ29試合出場で26得点と、決定力の高さを見せつけているドスト。かねてよりダイレクトシュートを得意としている同選手だが、今回のプレイで足下の技術の高さも証明した。エヴァートンをはじめとするプレミアリーグのクラブより熱視線を注がれている同選手だが、ビッグクラブへの移籍が実現する日も、そう遠くはないのかもしれない。



参照元:youtube(当該場面は1分33秒~)



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ