2度目のCL決勝進出のクロップ データから読み取れる“不安要素”とは

リヴァプールにビッグタイトルをもたらせるか photo/Getty Images

直近のファイナルの戦績は......

今季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下CL)の準決勝で、ローマに勝利したリヴァプール。同クラブは26日に行われる決勝戦でレアル・マドリードと対戦する。

自身2度目のCL決勝進出を果たしたユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)だが、同監督には決勝戦に関する不吉なデータが存在する。直近の6シーズンでカップ戦のファイナルを5度経験している同監督だが、その全てに敗れているのだ。

今季のCL本選(12試合)で40得点と、爆発的な攻撃力を誇るリヴァプールだが、前述のローマ戦で試合終盤に失点を重ねるなど、手堅い試合運びができているとは言い難い。百戦錬磨のレアル・マドリードと対峙するクロップ監督だが、苦手とする決勝戦で冷静に戦況を見極め、リヴァプールにタイトルをもたらすことができるだろうか。同監督の真価が問われていると言っても過言ではないだろう。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ