衝撃の“約40mボレー”  北米リーグで生まれた超絶ゴールが話題に[映像アリ]

FCシンシナティのサポーター達 photo/Getty Images

センターサークル付近から技ありシュート

先月28日にユナイテッド・サッカーリーグ(USL)の第7節が行われ、FCシンシナティがオタワ・フューリーFCに3-0で勝利した。

両チーム無得点で迎えた68分に、シンシナティのMFケニー・ウォーカーによる秀逸なゴールが生まれている。センターサークル付近にいた同選手が浮き球に反応すると、その場でボレーシュートを放ち、ボールはゴールマウスに吸い込まれた。このゴールの動画は同クラブの公式Twitterで配信されており、「Oh my goodness」などの驚嘆の声がコメント欄に数多く寄せられている。

ゴールから40メートルほど離れた位置からのボレーシュートは、世界中のサッカーシーンを見渡しても滅多にお目にかかれない。近年稀に見る超絶ゴールをぜひご堪能いただきたい。




参照元:Twitter





記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ