泥沼8連敗のグランパス、得点者の“内訳”が奇妙なことに

FC東京戦でゴールを挙げたジョー photo/Getty Images

日本人選手によるゴールは......

28日に明治安田生命J1リーグの第11節が行われ、名古屋グランパスがFC東京に2-3で敗れた。

直近の同リーグ8連敗中と、大不振に喘いでいるグランパス。同節終了時点で23失点を喫している守備も然ることながら、攻撃面の改善も急務と言えるだろう。同クラブは同節終了時点で11得点を挙げているが、その全てが外国人選手(ジョー、ガブリエル・シャビエル、ホーシャ)によるゴールである。FC東京戦ではセットプレイから2得点を挙げたものの、流れの中ではジョーやシャビエルが徹底マークに遭い、決定機を生み出せなかった。パスセンスに長ける青木亮太、サイド突破に定評がある和泉竜司らがより積極的にボールに関わり、チャンスメイクを担うことが求められるだろう。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ