“肘打ち”の長谷部、一足先に今季ブンデス終了 「悪質な反スポーツ行為」で重い処分 

4試合の出場停止が言い渡された長谷部 photo/Getty Images

4試合の出場停止

ドイツサッカー連盟(DFB)は24日、フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠に対して、4試合の出場停止処分を科すと発表した。

21日に行われたブンデスリーガ第31節で、ヘルタ・ベルリンをホームへ迎え入れたフランクフルト。この一戦でスターティングメンバーに名を連ねた長谷場は、2点ビハインドで迎えた79分、相手FWダヴィー・ゼルゲの顔面に肘打ちを見舞い、一発退場を命じられていた。

フランクフルトの公式サイトによると、DFBは長谷部のこの行為を「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」と判断し、比較的重い処分の「4試合出場停」を言い渡した。ただ、そのうち1試合は執行猶予とされたため、問題がなければ出場停止期間は3試合で明けるという。そして今回の処分により、長谷部の今季のブンデスリーガは一足先に終わりを迎えることとなった(残り3節ととなっているため)。

なお、フランクフルトが決勝へコマを進めているDFBポカールはこの処分の対象外となっているため、長谷部の出場は可能。5月20日に行われるバイエルンとの決戦に、全てをかけることとなった。


●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ