ジョーイ・バートンが監督に! 気になる赴任先は……

昨季までバーンリーに在籍していたバートン氏 photo/Getty Images

解説者から指導者に

フットボールリーグ1(イングランド3部)に所属するフリートウッド・タウンは18日、来季よりジョーイ・バートン氏が同クラブを率いることを発表した。

昨季までバーンリーに在籍していたバートン氏。賭博に関する違反行為に及んでいたことが発覚し、イングランドサッカー協会(FA)より今季中の競技生活の再開を禁じられていた。今季開幕前に英『talk SPORT』と契約を結び、プレミアリーグの解説員として活動していた同氏であったが、この度先方からの監督就任オファーに応じた。同氏は同クラブの公式ホームページのコメントで、今後の抱負を口にしている。

「これから自分が挑戦することと、このクラブのプロジェクトにワクワクしている。このクラブのことは昔からよく知っているし、会長との関係も良い。俺にとって大きな決断だったが、監督業にチャレンジする機会を得ることができて嬉しいね。大きな野望を持ってこのクラブで働きたいし、(処分が解ける)6月2日の始動が楽しみだよ」

数多くの問題発言や問題行動でサッカー界を騒がせてきたバートン氏だが、『talk SPORT』のオンエアーチームの一員としてEURO2016の決勝戦(フランス対ポルトガル)の解説を担当するなど、地道に研鑽を積んでいる。解説業をこなしながら得た見識を活かし、指導者として成功を収めることができるだろうか。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ