3点リードでも不十分 今季のCL&ELで起きた珍事とは

バルセロナを下したローマの選手たち photo/Getty Images

逆転劇が相次ぐ

2017-2018シーズンのUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグの準々決勝が、3日から12日に開催された。

ローマがバルセロナを相手に1stレグで負った3点のビハインドを覆すなど、逆転劇が相次いでいる今回の両大会。両大会の準々決勝に出場した全16チームのうち、1stレグと2ndレグで連勝を収めたのはリヴァプールのみと、滅多にお目にかかれない事態となった。

前述のバルセロナだけでなく、チャンピオンズリーグ2連覇中のレアル・マドリードまでもが1stレグで得た3点のリードを一時ふいにするなど、もはや大量リードが意味をなさない状況となっている。いかなる点差においても気を緩めない姿勢、あらゆる状況に対応するだけの多様な戦術が、今まで以上に準決勝に臨むチームには求められるだろう。



記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ