もう”献身性だけ”とは言わせない 岡崎慎司がアーセナル戦に続いて今節も電光石火のゴール

レスターの岡崎慎司 photo/Getty Images

いきなりの先制点

献身性のみのストライカー。レスター・シティ所属の日本代表FW岡崎慎司にはそうした見方もあるが、今季は一味違う。それを19日の第2節ブライトン・ホーヴ・アルビオン戦でも見せてくれた。

開幕節のアーセナル戦に続いてブライトン戦にも相棒のジェイミー・バーディとともに先発出場を果たした岡崎は、開始早々にいきなり結果を残す。

1分、リヤド・マフレズが右サイドからお得意のカットインで仕掛けてシュートを放つと、これをGKが目の前にファンブル。岡崎はそれを見逃さずに足を伸ばし、相手DFより一瞬早く触ってゴールを決めてみせた。

岡崎は前節のアーセナル戦でもヘディングからゴールを奪っており、今季は開幕から2戦連発と最高のスタートだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ