本当にルカクに1億ポンドもの価値はあるか? ジエゴ・コスタの代役にふさわしくないとの意見も

トップクラブでのプレイ経験は少ない

トップクラブでのプレイ経験は少ない

エヴァートンのルカク photo/Getty Images

今夏にジエゴ・コスタが退団する可能性のあるチェルシーは、代わりとなるセンターフォワードを探してきた。これまでレアル・マドリードのアルバロ・モラタ、トリノのアンドレ・ベロッティ、エヴァートンのロメル・ルカクなどが候補に挙がっており、特にルカクはジエゴ・コスタの代役候補として何度も話題が浮上している。

しかし、ルカクはリーグ2連覇に加えてチャンピオンズリーグでの躍進も目指すチェルシーにふさわしい選手なのだろうか。ルカク獲得には1億ポンド近い金額が必要になるとも言われているが、あくまで中堅クラブであるエヴァートンでプレイしてきた選手にそれだけの額を支払うべきなのか疑問なところもある。

英『FourFourTwo』によると、かつてチェルシーで活躍したトニー・カスカリーノ氏はルカクではジエゴ・コスタの代役として不十分だと考えているようで、「ルカクは完成された選手じゃないよ。レヴァンドフスキ、オバメヤン、グリーズマンのような選手を見るべきだ」とコメントしている。ルカクの金額を考えると、オバメヤンやレヴァンドフスキ級の選手を狙うことも不可能ではないだろう。

ルカクも2016-17シーズンはプレミアリーグで25得点を記録しており、トップレベルの点取り屋なのは間違いない。しかしチャンピオンズリーグでプレイした経験がなく、これはオバメヤンやレヴァンドフスキと違いがある。ビッグクラブでエースを務めた経験もなく、高額な移籍金で加入した場合そのプレッシャーに耐えられるかも不透明だ。

果たしてチェルシーは誰にエースを任せるべきなのか。ジエゴ・コスタの代役探しが来季の戦いに大きな影響を与えるのは間違いない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ