[U20W杯]日本、久保建英が早くも登場 エース負傷という試練を乗り越えられるか?

勝機を見出すことができるのか?

勝機を見出すことができるのか?

無念の負傷交代となった小川 photo/Getty Images

24日にU-20FIFAワールドカップのグループステージ第2節が行われ、グループDのU-20日本代表が同ウルグアイ代表と対戦した。(以下U-20は省略)

試合開始から[4-4-2]のコンパクトな布陣を敷き、ハイプレスを敢行した日本代表。サイドを起点に敵陣深くまで攻め込んだものの、11分に冨安が最終ラインでボールを失ってピンチを招くなど、危険な場面も散見された。

こうした状況のなか、日本代表がアクシデントに見舞われる。16分に足を痛めてピッチに倒れ込んだ小川がプレイ続行不可能となり、久保建英が投入された。

その後、日本代表は久保を中心に敵陣バイタルエリアを崩しにかかるが、ボールホルダーを複数人で囲む相手の堅固な守備を崩せない。すると38分、相手DFロドリゲスに右サイドを突破されると、パスを受けたFWスキアッパカッセにペナルティエリア内でシュートを放たれ、先制点を献上した。日本代表が1点のビハインドを背負い、前半を終える。

[メンバー]
GK:小島亨介
DF:藤谷壮、冨安健洋、中山雄太、舩木翔
MF:堂安律、市丸瑞希、原輝綺、三好康児、
FW:岩崎悠人、小川航基(→久保建英 20)

[スコア]
日本代表 0-1 ウルグアイ代表

[得点者]
ウルグアイ代表:スキアッパカッセ(38)

前半終了時点

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.195 欧州が讃えるサムライ・フットボーラー2018
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ