イングランド代表でドイツ代表に入れる選手は1人もいない? ハマン氏が思う”個の能力の差”

世界トップレベルとは言えないか

世界トップレベルとは言えないか

22日にドイツに敗れたイングランド photo/Getty Images

現在のイングランド代表は、若く優秀な選手が揃っていると評判だ。今回の代表招集ではマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが招集外となったことも話題を呼び、今後イングランド代表はデル・アリやロス・バークリーなど若い選手たちが中心となっていくだろう。

しかし、イングランドは2018ワールドカップを制するだけの力を持ったチームだろうか。英『Daily Mirror』によると、かつてリヴァプールなどで活躍した元ドイツ代表MFディートマー・ハマン氏は、今のイングランド代表にはドイツ代表でスタメンを勝ち取れるだけの選手がいないと主張している。

同氏はバークリー、さらにマンチェスター・シティで活躍するDFジョン・ストーンズを好んでいるようだが、この2人についても「ドイツの最終ラインにはボアテングとフンメルスという素晴らしい2人がいる。ストーンズがここに入るのは厳しい。中盤でもケディラ、クロースがいるし、バークリーが入るのは難しいね」とコメントしており、世界王者ドイツの方が個の能力で上回っているとの見方を示している。

さらに同氏は2列目についても、「現時点でドイツに入れる選手を見つけられない。スターリングでさえ、エジル、ロイスとぶつかることになるだろう。ドラクスラーもPSGで良いプレイを見せている」と語り、ドイツの2列目に割って入るのは難しいとの見方だ。

トッテナムで活躍するデル・アリ、ハリー・ケインならばどうかとも考えさせられるが、ドイツのチームに入れる選手が多くないことは明らかだ。特にGKを含む守備陣、中盤の構成力ではイングランドが劣っている。優秀な選手を抱えながらも前回大会王者ドイツとの差は明らかなように思えるが、イングランドがワールドカップを制するのは難しいか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ