あのアンリと全く同じ100試合59ゴール トッテナムFWはもうワールドクラスで間違いなし?

レジェンドと同じペース

レジェンドと同じペース

ワトフォード戦で得点決めるケイン photo/Getty Images

1、2シーズンだけブレイクして消えていくFWも多いが、トッテナムFWハリー・ケインは本物のワールドクラスのストライカーと言えるだろう。

1日に行われたワトフォード戦に出場したケインは、これがプレミアリーグ通算100試合目だった。しかも2得点を記録し、通算得点を59に伸ばした。英『sky SPORTS』によれば、これはティエリ・アンリ氏がアーセナルで記録した数字と全く同じだ。アンリ氏も100試合で59得点を記録しており、ケインは偉大なFWと同じペースで得点を決めている。

リヴァプール時代のルイス・スアレスが100試合で62得点、ロビー・ファウラー氏も62得点、フェルナンド・トーレスが63得点、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロが64得点、元マンチェスター・ユナイテッドのルート・ファン・ニステルローイが68得点、ブラックバーン時代のアラン・シアラー氏が79得点と上には上が存在するが、ケインの記録は偉大なものだ。

トッテナムは近年リーグタイトルをも狙えるチームと言われるようになったが、それもケインがいてこそだ。ケインは2014-15シーズンに21得点を記録し、昨季も25得点を記録して得点王に。今季は評価を確立するためにも勝負の3シーズン目だが、ここまで14試合で10得点を記録。チェルシーFWジエ ゴ・コスタが14得点で得点ランク首位に立っているが、出場数は4試合違う。このペースでいけばケインは今季も確実に得点王争いに絡んでくるだろう。ここまでの活躍だけを見ても、ケインはミニブレイクだけでは終わらない本物の点取り屋と言えそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ