インテル前監督デ・ブールの問題はイタリア語の壁 ジョアン・マリオ「言語がメインの問題」

イタリア語こそピオリとデ・ブールの違い

イタリア語こそピオリとデ・ブールの違い

インテルを率いるピオリ photo/Getty Images

インテルの指揮官就任から86日の短さで解任されたフランク・デ・ブールは何を間違ったのだろうか。今夏インテルに加入したポルトガル代表MFジョアン・マリオは1つの問題点に気付いたようだ。

それは言語だ。伊『TuttoSport』によると、ジョアン・マリオは現在指揮を執っているイタリア人のステファノ・ピオリには選手との間に言語の壁がないと語り、オランダ人のデ・ブールが苦労したところに言葉の問題があったと持論を展開している。

「僕たちが難しくなっているのは普通だと思う。シーズン開幕直前に指揮官が変わったのだからね。今僕たちはイタリア人指揮官の下でプレイしているけど、言語の壁が前体制を難しくさせていたことに気付いたんだ。たぶんそれがメインの問題だったんだよ。デ・ブールは良いアイディアを持っていたけど、今ピオリがやっているように僕たちに伝えられなかったのさ」

また、ピオリの方がセリエAの環境をよく理解している。イタリアの文化や、イタリア人選手の好みもデ・ブールよりは理解していることだろう。デ・ブールは自身の好む[4-3-3]のシステムを持ち込んだが、その意図を上手く伝えられなかったのかもしれない。ピオリの下でジョアン・マリオは満足しているようだが、イタリア人指揮官を迎えたインテルは変わっていけるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ