スアレス、アグエロ、イグアインらよりヤバイ! 伊メディアが”大迫の相棒”を欧州最高FWと絶賛

ここまで9試合で11得点

ここまで9試合で11得点

大迫とモデスト photo/Getty Images

現在欧州で最も優れたストライカーといえば、バルセロナのルイス・スアレスやユヴェントスのゴンサロ・イグアイン、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロらを思い浮かべるだろう。しかし、今欧州五大リーグで最も勢いに乗っているFWは彼らではない。

現在快進撃を続けているのは、ケルンに所属するFWアントニー・モデストだ。モデストは昨季もリーグ戦で15得点を記録していたが、今季は9試合に出場してすでに11得点と絶好調だ。得点ランキングでもバイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ、ドルトムントのピエール・エメリク・オバメヤンの得点王候補2人に4点差をつけて首位に立っている。

伊『Calciomercato』は、「モデストとは何者だ?」と見出しをつけ、現在欧州最高のストライカーだと絶賛している。モデストは現在ケルンで大迫勇也とコンビを組んでおり、大迫がモデストの得点量産をサポートしているのは間違いない。

チームも勝ち点17を稼いで5位につけており、非常に良いスタートを切ったといえる。モデストは30日のハンブルガー戦でもハットトリックを決めてチームを勝利に導いたが、元チェルシーFWディディエ・ドログバがアイドルだという男の快進撃はどこまで続くのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ