2戦連続でスタメン出場も、結果が残せなかった清武「良い時と悪い時の差を減らさないと」

安定したパフォーマンス

安定したパフォーマンス

Twitterに悔しさを綴った清武 photo/Getty Images

セビージャは28日、リーガ・エスパニョーラの第2節でビジャレアルと対戦した。今節もスタメンに名を連ねた日本代表MF清武弘嗣だが、1ゴール1アシストの活躍を見せた開幕戦ほどの存在感を発揮することができず、61分に途中交代。チームもスコアレスドローに終わった。

そんな中、清武が試合後に自身のTwitterを更新。ビジャレアル戦について「反省。良い時と悪い時の差を減らす事。常に同じパフォーマンスを。悔しさを次の試合、そして日本代表でもぶつける。切り替えて!!」と綴り、反省しつつ意気込みを語った。

開幕戦の高評価とは対照的に、今節は地元紙などのメディアで厳しい評価を与えられた清武。まずは9月1日のUAE戦と6日のタイ戦で結果を残してもらいたい。その上で、スペインでも更なる飛躍を遂げてもらいたいものだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ