Jリーグが“DAZN”と10年間で2100億円の大型契約「海外から投資対象と認識いただけた」

「経験と最先端のデジタル技術を共有」

「経験と最先端のデジタル技術を共有」

2016年シーズンの1stステージを制した鹿島アントラーズ photo/Getty Images

Jリーグは20日、Perform Groupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結したことを発表した。

「DAZN」とは世界最大級のデジタル・スポーツコンテンツ&メディア企業であるPerform Groupによって提供されるライブストリーミングサービスであり、テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットなど様々なデバイスで中継が楽しめる。今回の契約により、Jリーグは2017年シーズンからJ1、J2、J3すべての試合が「DAZN」により生中継されることが決定。Jリーグは「Perform Groupがこれまで世界のスポーツ制作において培ってきた経験と最先端のデジタル技術を共有いただくことで、臨場感溢れる試合中継制作に取り組んでいきます」としている。

また、Jリーグチェアマンを務める村井満氏は「Perform Groupとの契約は、日本のスポーツ界初と言える長期大型の放映権契約であり、日本のスポーツ産業が有力なコンテンツとして、海外から投資対象と認識いただけたものと考えております」とコメント。「また急速に変化しているインターネット・モバイルの世界において、これらのサービスを主たる業容とする事業者との初めての合意ケースとも考えております。今回の契約を契機に、一人でも多くのファンやサポーターの皆様に楽しんでいただくための投資を加速し、日本のプロスポーツ業界の先駆者として社会的価値の向上を益々図ってまいります」と話した。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ