「選手としての権利を行使したい」ピャニッチ、移籍に関しての抗議文をローマへ提出

実力行使

実力行使

移籍の意思を明らかにしたピャニッチ photo/Getty Images

ユヴェントスへの移籍が噂されるローマMFミラレム・ピャニッチが、ついにクラブに対して実力行使に出たようだ。

伊『calciomercato』によると、ピャニッチは9日、ユヴェントスへの移籍の意思を明らかにするために、所属先であるローマへ次のような抗議文を送ったようだ。

「2016年6月9日、親愛なるASローマへ。ぜひともGMにも目を通していただきたい。私の代理人とクラブの間では移籍することで合意に達しています。選手には他のクラブへ移籍する権利があり、私たちはそれを行使しようと考えております。また、ユヴェントスについての報告と懸念材料である契約解除金や移籍金の調整をするために、直接話し合う機会も設けたいと私たちは思っております」

はたして、ピャニッチは無事ユヴェントスへ移籍することができるのだろうか。ここまで行くと、ローマと円満な別れはできなさそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ