EURO欠場のイタリア代表MFヴェッラッティがSNSで手術成功を報告

ファンへ早期復帰を誓う

ファンへ早期復帰を誓う

手術成功を報告したヴェッラッティ photo/Getty Images

パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは、以前からそ径部に不安を抱えており、EURO出場に向けてリハビリを行っていた。しかし5月に入りそのケガが悪化。今年のEURO出場は諦め、16日にドーハで手術を行うことをクラブが発表していた。

そんなヴェッラッティが手術後にSNSでファンに向けてメッセージを送った。伊紙『Corriere dello Sport』によると、ヴェッラッティは自身のInstagramで手術が無事成功したことを報告。その際に、ベッドの上ではあったが写真で元気な姿を見せ「僕は出来るだけ早く復帰するよ」と綴り、ファンへ早期復帰を誓った。

今年開催されるEUROに出場できないのは残念だが、ヴェッラッティは23歳と若く、サッカー人生はまだまだ長い。将来が期待される彼にはケガを完璧に治し、元気な姿でピッチに戻ってきてもらいたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ