2030年のワールドカップは原点回帰? 初代開催国ウルグアイが招致に乗り出す

初開催から100年のメモリアル、アルゼンチンと共催で

初開催から100年のメモリアル、アルゼンチンと共催で

ウルグアイのタバレス・バスケス大統領とアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領 photo/Getty Images

2030ワールドカップは、1930年にワールドカップがウルグアイで初開催されてから100周年の記念すべき大会となる。

そこでウルグアイのタバレス・バスケス大統領と、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領は、2030年のワールドカップ共催を目指して招致活動に取り組むと発表した。ESPNが伝えている。

ウルグアイとアルゼンチンは地理的にもラプラタ川を挟んで隣同士ということだけでなく、初開催された大会における決勝戦の対戦カードでもあった。そして強豪ボカ・ジュニアーズの会長を務めた経験もあるマクリ大統領は、「両国がともに取り組むことになれば、多くの機会で助け合うことになるだろう」と語っている。

次回のワールドカップは2018年にロシアで開催され、2022年にはカタールで開催される。その後行われる2026年大会の開催地選定作業はまだ始まっていない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ