ベニテスがレアルに合っていないと語るジェラード「1人を中心に戦うのは好きじゃない」

ベニテスに時間を与えることを求める

ベニテスに時間を与えることを求める

ベニテスを擁護するジェラード photo/Getty Images

クラシコの大敗、25日のシャフタール戦で4-3とギリギリの戦いを演じるなど、不安定な戦いが続いているレアル・マドリードでは、指揮官ラファエル・ベニテスの周辺が騒がしくなっている。

ベニテスについては過去にインテルで仕事を共にしたマルコ・マテラッツィも苦言を呈していたが、元リヴァプールのスティーブン・ジェラードはベニテスを擁護している。スペイン紙『マルカ』によると、ジェラードはレアルのチームスタイルが独特だと指摘し、チーム全体で戦うことを好むベニテスに合っていないと語った。

「ラファは良い指揮官だが、チームのすべてを管理しようとする。誰か1人の選手を中心に戦うのは好きじゃないんだよ。彼はチームとして戦うことを哲学とするが、レアルはロナウドとその他のビッグプレイヤーが中心だ。だからベニテスが結果を出すには時間がかかるんだ」

ベニテスはリヴァプールでチャンピオンズリーグを獲得したが、当時のリヴァプールにロナウドのようなスーパーエースは存在しなかった。そちらの方がベニテスにとってはチームを作りやすいのだろう。レアルではロナウドが王様であり、11人全員がチームのために犠牲を払うチームではない。

また、ジェラードはレアルの評価は厳しいとも指摘しており、もう少し時間を与えるべきとの意見だ。クラシコの大敗でベニテスの評価は地に堕ちているが、ここからチームを復活させられると願いたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ