フンメルスが今季終了後に去る? ヴァツケCEOは良好な関係を強調

批判の矛先が集中するフンメルス

批判の矛先が集中するフンメルス

去就が注目されるフンメルス photo/Getty Images

ドルトムントDFマッツ・フンメルスは今季終了後にクラブを離れるのだろうか。

ここまでバイエルンに次ぐ2位と好成績を残しているドルトムントは、爆発的な攻撃力を軸に良いスタートを切った。マルコ・ロイスやイルカイ・ギュンドアンら今夏に移籍の話題が出た選手たちも楽しんでプレイしているように見えるが、8日のシャルケとのルールダービーと20日のハンブルガーSV戦は守備陣にとって辛い試合となってしまった。

シャルケ戦ではフンメルスも不用意なパスミスをしてしまい、チームは2失点。相棒のソクラティス・パパスタソプーロスのパフォーマンスも今ひとつで、守備の不安を露呈する試合となってしまった。さらにハンブルガー戦ではフンメルスがオウンゴールをしてしまうなど、3失点で完敗。チームの流れにブレーキをかけることになり、批判の矛先がフンメルスに向いている。

また、フンメルスが守備面に関してチームメイトに不満を述べたとの報道もあり、今季終了後にクラブを離れる可能性が指摘されている。しかし英『スカイ・スポーツ』によると、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOはフンメルスとクラブの間に問題がないことを強調しており、フンメルスに対する批判が度を超えていると語っている。

「サッカーでは誰もが批判されるものだ。しかし、最近の彼への批判は誇張されすぎているし、私は不当なものだと考えている。マ ッツと我々の間に問題があるという記事を読んだが、それは真実ではない。彼はクラブにとって非常に重要な選手で、主将でもある。彼とは良好な関係を築いているよ。それに、我々はパリで起こったテロやハノーファーで起こったテロ未遂などの事実を見逃してはいけないよ」

ヴァツケCEOはフンメルスにはテロの影響が出ていると指摘しており、精神面の不安定さがミスを引き起こしていると考えている。いまだにフンメルスにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心の声もあるが、フンメルスはドルトムントに留まるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ