マインツ武藤がプロ初ハットトリック達成! 後半ロスタイムにチームを救う同点弾 

昨季の岡崎のゴールの半分に到達

昨季の岡崎のゴールの半分に到達

感情を爆発させる武藤 photo/Getty Images

今季からマインツに加わった日本代表FW武藤嘉紀が偉業を成し遂げた。

10月31日に行われたブンデスリーガ第11節アウグスブルク戦に先発した武藤は前半に2ゴール、後半に1ゴールを決め、ハットトリックを達成。ドイツ移籍1年目ながら既にリーグで6ゴールを記録している。

ゴールラッシュの始まりは前半18分から。左サイドを強引に突破したパブロ・デ・ブラシスからの折り返しに合わせ、先制ゴールをゲット。続く30分にはユヌス・マリ、ハイロ・サンペリオと1タッチで繋ぎ、最後はゴールの右で待ち構えていた武藤がしっかりと押し込んで追加点を挙げた。

前半の早い時間帯で2ゴールをマークしたマインツだったが、この後からアウグスブルクの反撃に遭う。前半終了間際の42分にPKを取られ、パウル・フェルハーフに1点を返されると、50分にはク・ジャチョルがクロスに1タッチで合わせて同点に。劣勢は続き、81分にはラウル・ボバディージャのゴールでとうとう逆転を許した。

このまま試合終了かと思われた後半ロスタイム、武藤がチームを救った。ロングボールがアウグスブルクのゴール前に送り込まれると、これを味方がそらし、武藤のもとにこぼれる。武藤は鋭い動きで中に切り込むと、右足を一閃。これが突き刺さり、土壇場でマインツが勝点1を手にした。

武藤にとってはプロ入り後初となるハットトリックをドイツで成し遂げることになった。マインツは2シーズンの在籍で27ゴールを挙げたFW岡崎慎司が退団したことによるネガティブな影響があるのではという懸念もシーズン前にはあったが、後釜として獲得した武藤が見事に期待に応えている。昨シーズンの岡崎はリーグ戦で12ゴールを記録したが、武藤は先輩の記録を超えることができるだろうか。

[メンバー]
アウグスブルク:ヒッツ、フェルハーフ、クラヴァン、ホン・ジョンホ(→ブラッカー 76)、フォイルナー、バイアー(→コール 64)、ク・ジャチョル、チ・ドンウォン(→エスヴァイン 73)、マタフズ、ボバディージャ、カイウビー
マインツ:カリウス、ハラ(→ニーダーレヒナー 85)、バログン(→ブロジンスキ 60)、ベングツォン、ベル、ブンガート、ラッツァ、マリ、デ・ブラシス、武藤、ハイロ(→セルダル 84)

[スコア]
アウグスブルク 3-3 マインツ

[得点者]
アウグスブルク:フェルハーフ(42)、ク・ジャチョル(50)、ボバディージャ(81)
マインツ:武藤(18, 30, 90+3)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ