“スシボンバー”の勢い止まらない! 豪快左足ショットに海外メディアも「久保の時間がきた」

逆足で強烈なシュート

逆足で強烈なシュート

タイ戦でゴール決めた久保 photo/Getty Images

今回のUAE、タイとの2連戦で最高の働きを見せたのがヘント所属のFW久保裕也だ。UAE戦では1G1Aの活躍、そしてタイ戦では1G2Aと、日本代表の主役だった。UAE戦では酒井宏樹のパスに抜け出し、角度のないところから右足で冷静にフィニッシュ。アウェイで貴重な先制点を決めた。さらに今野泰幸のゴールも見事にアシスト。攻撃性だけでなく、技術の高さも証明した。

そして今回のタイ戦では香川真司、岡崎慎司の得点を右サイドからアシスト。クロスの精度やタイミングも見事で、これは今後の日本代表の武器となるだろう。さらに後半には右サイドからカットインして左足のフィニッシュ。逆足でのシュートだったが、しっかりボールをインパクトしてゴール左上隅に決めた。

このパフォーマンスをベルギー『HLN』も取り上げており、「2-0とリードしている中で久保の時間が来た。ゴール左隅に美しいシュート」と伝え、久保が決めた3点目を動画とともに紹介している。久保はヘントでも同様のパフォーマンスを見せており、すっかり「スシボンバー」として人気を集めているようだ。

何より左足でのプレイを苦にしていないことは大きく、今回のゴールも豪快だった。右利きの選手は右サイドからカットインした場合にシュートを逆足で打つことに苦労するケースも目立つが、久保はそうした苦手意識があまりないように見える。右足での正確なクロスを含め、久保が右サイドにフィットしたのは大きな収穫と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ