まさに商売上手!? ハメス、マルシャルら売却したモナコ、過去3年間でおよそ2億7千万ユーロ稼ぐ

今年も移籍市場の主役はモナコ

今年も移籍市場の主役はモナコ

モナコで研鑽を積んだハメス・ロドリゲス photo/Getty Images

リーグアンで首位に立つモナコは、“アンリ2世”と呼ばれるフランス代表FWキリアン・ムバッペをはじめとして逸材が揃っている。欧州のビッグクラブはこぞってモナコの選手獲得を狙うが、この夏の移籍市場ではどんなビッグディールが成立するのだろうか。

モナコはここ3年の間にもビッグディールを成立させ、夏の移籍市場の主役となっていた。スペイン『as』は、モナコが3年間での選手の売却で2億7100万ユーロを手にしたと伝えている。2014年の夏にはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがレアル・マドリードへ7500万ユーロで移籍。2015年の夏にはベルギー代表MFヤニック・カラスコが1720万ユーロでアトレティコ・マドリードに移籍し、2016年の夏にはアントニー・マルシャルが5000万ユーロを残してマンチェスター・ユナイテッドに移籍するなどしていた。

そして次の移籍市場ではジブリル・シディベ、トマ・レマル、ベルナルド・シルバ、バンジャマン・メンディ、キリアン・ムバッペらがビッグクラブに移籍する可能性が浮上している。若手を育てて高く売る、まさに商売上手な一面を見せている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.188 日本人フットボーラーの挑戦は終わらない

乾貴士スペシャルインタビュー 17-18シーズンで目指す更なる高みとは!?/乾貴士の欧州挑戦記/助っ人ではなく主力だ! 日本が誇る欧州のタフガイ三銃士/厚い信頼を得て、さらなる成長を目指すディフェンスリーダー/新シーズンの主役は誰だ!? ステップアップを狙う若きサムライたち

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ