電動自転車で転倒し3メートル投げ出されたゴードン「幸運だった」 英メディアは補助輪とヘルメットをプレゼント

顎などに擦り傷をつくったゴードン photo/Getty Images

ビデオを撮ろうとしていたと語る

EURO2024決勝トーナメント・ラウンド16のスロバキア代表戦を控えるイングランド代表。戦いぶりに批判が集まってもいるが、ドイツやフランスなどの優勝候補の多くは反対側の山に配置されているため、タイトル獲得のチャンスなのは間違いない。

そんななか、FWアンソニー・ゴードンが坂を下っているときに電動自転車で転倒し、10フィート(約3メートル)ほど投げ出された事故が話題になっている。ゴードンは顎、足、腕などにかすり傷を負ったが、幸いにも軽傷で済み、今後の出場にも問題はないようだ。しかし、重症を負う可能性もあったという『Mail Sport』が伝えている。

「どこに落ちてもおかしくなかった。そこはゴルフコースで、そこにあった砂利の上に着地したんだ。草に囲まれてたのに、砂利の上に着地した。だから幸運だったとも言えるし、不運だったとも言える」
「リカバリーのために自転車で出かけたんだ。とても素敵な日だった。丘を下りながら、家族に何をしているのか見せようと思って、ちょっとしたビデオを撮ろうと思った。気がつくと、頭から地面に落ちていたんだ」

「電動だったから普通の自転車より速くて、イギリスではフロントブレーキは右にあるんだけど、減速するために左ブレーキをかけた。次の瞬間、自転車は減速せずに完全に止まったんだよ。僕は10フィート空中に投げ出された」

同メディアは軽傷だったことを祝い、補助輪とヘルメットをゴードンにプレゼントしている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ