「僕を『おじいちゃん』とは言わなかったね」 37歳の兄貴・ジルーが果たす仏代表での役割

フランス代表を長く支えてきたジルー photo/Getty Images

若手とのジェネレーションギャップは感じてないようだ

このEURO2024を最後に、FWオリヴィエ・ジルーはフランス代表から退くことを表明している。すでにワールドカップのタイトルは獲得しているため、最後のEUROで頂点に立ちたいとの思いは強いだろう。

37歳を迎えているジルーは経験豊富なチームの兄貴分であり、後輩選手からも慕われているようだ。『ESPN』によると、FWキリアン・ムバッペはジルーのことを父のようと表現している。ジルーもその役割を楽しんでおり、ジェネレーションギャップを埋めようと頑張っていると語っている。

「少なくとも彼(ムバッペ)は僕を『おじいちゃん』とは言わなかったね(笑)。確かに僕は若手にとっての兄貴分のような役割を担っている。でも、彼らとそんなにずれているとは感じない。心の中では実年齢より若いと思っているから。僕は彼らと一緒に楽しんでいるし、必ずしも同じ趣味とはいかなくても、彼らの音楽の好みだって尊重しているからね」
ジルーにはEURO2016の決勝でポルトガルに敗れた苦い記憶がある。そのリベンジにも燃えているのだ。

「2016年の決勝での敗北は心の奥底に残っている。EUROは僕が優勝を夢見ている大会だ。一番大切なのは、正しいメンタリティを保つこと。2018年のワールドカップではそれを証明し、流れを変えることができた。そのメンタリティは変わらない。監督からどんな役割を与えられても、このチームに何か貢献したい。これが最後の代表になるから、ベストを尽くし、一瞬一瞬を楽しむつもりだよ」

スタメンとはいかずとも、ジルーの経験や高さ、パワーは武器になる。大事なところで出番がくるはずで、今度こそ目指すは欧州の頂点だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ