リヴァプールでの活躍から北アイルランド代表の主力へ キャリアが変わったブラッドリーの1年「夢が叶った」

北アイルランド代表でもプレイするブラッドリー photo/Getty Images

リヴァプールでは右サイドバックとしてブレイク

今季のリヴァプールでは多くの若手がブレイクを果たしたが、その1人が20歳のMFコナー・ブラッドリーだ。

リヴァプールでは右サイドバックを担当しているが、より攻撃的な右サイドハーフにも入れる。トレント・アレクサンダー・アーノルドとは異なる縦への推進力をプラスできる選手で、今季はプレミアリーグ11試合に出場。チェルシー戦では1ゴール2アシストの結果を残すなどブレイクした。

代表の方でも、ブラッドリーはすでに北アイルランド代表の主力だ。北アイルランド代表では右サイドハーフに入る機会が多く、先日行われたアンドラとの親善試合では2ゴールを記録。リヴァプールでのブレイクから、北アイルランド代表でも存在感を強めている。
英『Belfast Telegraph』にて、ブラッドリーも良いシーズンになったと手応えを口にする。

「シーズンの終わりとしては、少し残念なところもあったかな。チームとして複数のタイトルを望んでいたからね。それでも個人的には素晴らしいシーズンだった。この1年で夢が叶った。来季に向けてさらに向上していきたい」

来季からは指揮官がアルネ・スロットに代わるが、ブラッドリーは来季も貴重なピースとなるだろう。攻撃的な右サイドバックとして楽しみな存在で、縦へ仕掛ける力は本物だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ