新生フリック・バルサ守備の柱の1人に 去就騒がれたクンデは来季もチームに欠かせない存在へ

今シーズン大活躍のクンデ photo/Getty Images

サウジアラビアからのオファーも噂されたが

バルセロナでプレイするフランス代表DFジュール・クンデは来シーズンもチームの重要な存在となる。

2022年にバルセロナにやってきたクンデ。2年目となる今シーズンは公式戦48試合に出場し2ゴール4アシストを記録。フル稼働した選手の1人であり、CBだけではなく右SBとしても躍動。チームを献身的に支えた選手の1人である。

そんなクンデは財政難に苦しむクラブが資金捻出のために売却するかもしれないという噂もあり、チェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)など多くのクラブが獲得に興味を持っているという話もあった。さらにサウジアラビアのアル・イテハドも興味をもっているという噂も浮上した。
しかしスペイン『as』によると、ハンジ・フリック氏を新監督に迎えたバルセロナはクンデを新チームの守備の柱の1人と考えており、来シーズンもバルセロナに欠かせない存在の1人としての活躍を期待しているという。さらにアル・イテハドの件については、クラブにも選手にも連絡はきていないと綴っている。

依然として財政難に悩まされるバルセロナの今夏の補強と売却は大きな注目を集めているが、今シーズン大きな怪我なくフル稼働したクンデの売却意思はない模様だ。CBも右SBも高いレベルでこなすことができるクンデの存在は欠かせない。フリック新監督の下、クンデは来シーズンもバルセロナの守備を支えることが期待される。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ