ウーデゴーのもうひとつの武器「鬼プレス」が光った1年 リーグでもCLでもボール奪取データ1位に

プレッシングでもその才を発揮するウーデゴー photo/Getty Images

まさにプレッシングマシーン

アーセナルのキャプテンであるMFマルティン・ウーデゴー。クリエイティブなパスで局面を打開するプレイメイカーだが、彼にはもうひとつの武器がある。高い位置からボールを奪い返すプレッシングだ。

アーセナルのハイプレスは組織的かつ高速で、あっという間にボールホルダーを追い込んでいく。そのプレスを指揮している姿がたびたび見られるのがウーデゴーで、彼がプレスのスイッチを入れるシーンは頻繁に目にすることができる。

英『Squawka』によれば、ウーデゴーがアタッキングサードでボールを奪った回数は40を超えており、昨季の欧州5大リーグで他に40回以上のボール奪取を成功させた選手はいないという。また、CLでも同じデータで12回を記録。これも23-24シーズンのCLに出場した選手のなかでトップとなった。
チャンスを作り出すのみならず、ファーストディフェンダーとしての役割も負うウーデゴー。優雅にボールを運ぶプレイと、獰猛にボールを追うプレイの2面性が同選手の魅力だが、昨季はその特長により一層磨きがかかっていたようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ