ユナイテッドが狙うは6000万ポンドのブラジル代表 14ゴール7アシストのアタッカーが改革の一手となるか

ウルブズでプレイするクーニャ photo/Getty Images

ウルブズのトップスコアラーだ

FAカップを獲ったもののプレミアリーグでは8位に終わり、サー・ジム・ラトクリフによる大改革が行われるとみられるマンチェスター・ユナイテッド。補強のポイントはいくつかあるだろうが、アントニー・マルシャルが退団したアタッカー陣はテコ入れが必要な箇所とみられる。

英『Mirror』によれば、ユナイテッドはウォルバーハンプトンのブラジル代表FWマテウス・クーニャを狙っているという。移籍金は6000万ポンドと伝えられている。

クーニャは22-23シーズンの途中にアトレティコ・マドリードからウルブズへローン移籍し、23-24シーズンに正式にウルブズに加わった。韓国代表FWファン・ヒチャンとともにウルブズの得点源であり、昨季はカップ戦も含めて14ゴール7アシストを記録している。しかしシーズン終盤に離脱してしまい、クーニャ不在のウルブズは順位を下げていった。
同紙はラトクリフ卿が獲得したいと考えている選手像、つまり攻撃的で、ダイナミックで、野心的というところにクーニャは完璧に当てはまると評価。ウルブズはもちろん手放したがらないだろうが、ユナイテッドはクーニャの給料を2倍にできると報じている。

同時にウェストハムの23歳モハメド・クドゥスにも興味を持っていると報じられているが、ユナイテッドは改革の一手としてクーニャ獲得に踏み出すのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ