黄金世代抜けたベルギー代表は守備に不安あり 戻ってきてほしい35歳の番人ヴィツェル

アトレティコでは最終ラインに入るヴィツェル photo/Getty Images

アトレティコでは最終ラインにも入っている

ロメル・ルカク、ケビン・デ・ブライネといった経験豊富な選手に加え、ジェレミー・ドクやヨハン・バカヨコなど楽しみな若手アタッカーが出てきているベルギー代表。開幕の迫るEURO2024は新世代を中心に戦っていくことになるが、前線に比べて物足りないのが最終ラインだ。

かつてはヴァンサン・コンパニやトビー・アルデルヴァイレルトがいたが、今のチームには彼らに匹敵するタレントはいない。ここはEUROでも不安なポイントだ。

ベルギー『HLN』によると、ベルギー代表を指揮するドメニコ・テデスコはアトレティコ・マドリードでプレイするMFアクセル・ヴィツェルに代表復帰してほしい考えだという。
35歳を迎えているヴィツェルは昨年に代表引退を表明しているが、所属するアトレティコでは今季もリーグ戦35試合に出場するなどフル稼働。アトレティコではセンターバックに入る機会が多く、経験に裏打ちされたパフォーマンスは実に頼もしい。センターバックとしての機動力には不安もあるが、中盤を本職としてきただけあって足下の技術は安定している。

代表通算130試合をこなしてきたヴィツェルの実力は今でも高く、まだまだベルギー代表でもプレイできるはずだ。テデスコはヴィツェルを説得したい考えだが、果たして。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ