40歳の今季も“3100分間”のフル稼働 リーグ・アン最少失点のニースを統率する番人が1年の契約延長

ニースの守備をまとめるダンテ photo/Getty Images

来季にはニースで300試合出場達成へ

今季も鉄人ぶりは健在だった。

今季フランスのリーグ・アンで5位に入ったOGCニースの守備を統率してきたのは、40歳を迎えている元ブラジル代表DFダンテだ。バイエルンやボルシアMGなどドイツを中心に活躍してきたダンテは2016年よりニースでプレイしており、40歳を迎えた今もチームの中心だ。

今季もキャプテンマークを巻いてリーグ戦32試合に出場していて、22日にはクラブとの契約を1年延長することを発表した。今季3100分もプレイしたことを考えると、来季もダンテはニースの中心であり続けるだろう。
2016年からニースで重ねた試合数は282試合に達していて、来季には300試合を達成する可能性が高い。今季は後半戦にやや失速してしまったが、それでもニースはダンテを中心にリーグ最少となる29失点にまとめている。その守備を統率するダンテとの契約延長は当然の判断だろう。

怪我も少なく充実の時を過ごしているダンテもまた、現代を代表する鉄人プレイヤーの1人だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ