26歳で初のセリエA出場、そしてアズーリへ セリエC、セリエBで戦ってきた苦労人MFが掴んだEUROへのチャンス

ヴェローナでプレイするフォロルンショ photo/Getty Images

今月の親善試合でアピールできるか

15日、今月のベネズエラ、エクアドルとの親善試合へ向けたイタリア代表メンバーが発表された。

中盤ではアーセナルのジョルジーニョ、ローマのロレンツォ・ペッレグリーニ、インテルのニコロ・バレッラ、ダヴィデ・フラッテシ、ユヴェントスのマヌエル・ロカテッリら常連メンバーが選出される中、そこに新戦力として召集を受けたのがヴェローナ所属のマイケル・フォロルンショ(26)だ。

今季ヴェローナでセリエA27試合に出場して4ゴールを挙げているセントラルMFのフォロルンショだが、ここまでは苦労も多いキャリアだった。
ラツィオのアカデミーから2017年にセリエCのヴィルトゥス・フランカヴィッラに移籍したフォロルンショは、2019年にナポリと契約。

しかしナポリで出番を得ることはなく、バーリ、レッジーナ、ポルテノーネ、再びレッジーナ、バーリーとレンタル移籍を継続してきた。これは全てセリエBの戦いで、今季までフォロルンショはセリエAでの戦いを経験していなかったのだ。

今季はナポリからヴェローナにレンタル移籍しているのだが、そこで一気に評価を上げることになった。26歳とやや遅咲きかもしれないが、EURO2024のメンバー入りへアピールなるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ