グリーンウッドに5000万ユーロの買取額設定 来季ヘタフェでのプレイ続行は不可能か

ヘタフェで活躍するグリーンウッドphoto/Getty Images

ヘタフェにとっては不利か

将来のマンチェスター・ユナイテッドを支える才能のはずだったメイソン・グリーンウッド。レイプ未遂や暴行の疑いで起訴された約2年前。起訴が取り下げられ、今季ヘタフェへのレンタル移籍もありようやくプロとしての生活を取り戻しつつあった。

しかしそんなグリーンウッドは今季限りでヘタフェを離れることになるかもしれない。

『MARCA』によると、マンチェスター・ユナイテッドは今季でグリーンウッドの売却を決定したという。スタート金額は5000万ユーロほどで最高入札額を提示したクラブに売却すると報じた。
ヘタフェは今季グリーンウッドの活躍で昨季より順位を上げている。来季も継続してグリーンウッドを擁するチーム作りを希望しているようだ。

しかし、5000万ユーロという高額な買取金額。ビッグクラブなどが買取り競争に参入してくる可能性も否めないため、ヘタフェにとっては不利な状況であると言えるだろう。今後どう交渉に出るか注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ