サリバ&マガリャンイスはもうアーセナル史上最高のCBランク“TOP10”に? 鉄壁コンビが得る確かな評価

アーセナルの最終ラインを支えるサリバ&マガリャンイス photo/Getty Images

プレミアのタイトルを手に入れれば史上最高になれる?

現在プレミアリーグでの失点数をリーグ最少の23点に抑えているアーセナル。守備の軸となっているのはウィリアム・サリバとガブリエウ・マガリャンイスのコンビだが、2人への評価は極めて高い。

英『GIVE ME SPORT』は『プレミア時代におけるアーセナル歴代最高のセンターバックTOP10』なるランキングを作成しているが、そこでサリバは3位、マガリャンイスは7位にランクインしている。

顔ぶれを見ると、9位トーマス・ヴェルメーレン、8位ローラン・コシェルニー、7位がマガリャンイス、6位マーティン・キーオン。
5位ペア・メルテザッカー、4位コロ・トゥレ、3位サリバ、2位ソル・キャンベル、そして1位はトニー・アダムスとなっている。

このうち、サリバ&マガリャンイスを除く8人は何らかのタイトルをアーセナルで手にしている。タイトルはコミュニティ・シールドのみとなっている2人がランクインするのは早すぎるのかもしれないが、実力的には申し分ない。

今季プレミアのタイトルを獲得できれば言うことなしだが、サリバ&マガリャンイスはアーセナルの歴史に名を刻む名コンビとなれるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ