新監督招聘あるか ACミラン、来季の候補にブライトンやチェルシーでの指揮経験を持つグレアム・ポッター氏

チェルシーではうまくいかなかったポッター photo/Getty Images

ポッター氏はクラブチームの指揮を望む

かつてブライトンやチェルシーで指揮したグレアム・ポッター氏が再び欧州の舞台に戻ってくる可能性がある。

英ラジオ局『talkSPORT』によると、監督業から離れていたグレアム・ポッター氏は来シーズン、イタリアの名門ACミランで監督復帰を果たす可能性があるようだ。ACミランの上層部はチェルシーとブライトンの元監督であるポッター氏をシーズン終了後の新監督候補にリストアップしているという。

また同メディアによると、チェルシーを解任されてから10ヶ月が経とうとしている現在48歳のポッター氏自身も、一刻も早い監督復帰を熱望しているようだ。
そんなポッター氏は現役時代、主にイングランドの下部リーグでプレイをし、引退後は指導者への道に進んだ。2010年の12月にスウェーデンの4部リーグのエステルスンドの監督に就任すると、そこからチームをわずか5年で1部リーグに引き上げ、UEFAヨーロッパリーグ(EL)でも快進撃を見せた。18-19シーズンにスウォンジーの監督に就任し、翌シーズンにはプレミアリーグのブライトンの監督に招聘され、チームの躍進に貢献。2022年9月にチェルシーに引き抜かれた。しかし7カ月後には成績不振により監督を解任され、現在はフリーの状態が続いている。

クラブチームを指揮することを望んでいるため、先日スウェーデン代表監督の打診を断ったポッター氏だが、再び欧州の舞台に戻ってくるのだろうか。今後の動向に注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ