ここまで12試合で“0ゴール” マウントは後半戦に5500万ポンドの価値を証明できるか

マンUの7番を任されるマウント photo/Getty Images

ここまでは怪我続きで満足にプレイできていない

昨夏5500万ポンドの移籍金でチェルシーからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したMFメイソン・マウントにとって、今季はかなり苦いものとなっている。

序盤から負傷が続いており、まだ移籍から1ゴールも決められていない。リーグ戦でのプレイタイムは僅か400分間となっていて、ここまでは明らかに期待はずれだ。

現在も負傷からの復帰を目指してトレーニングが続けられているが、5500万ポンドの価値を証明できるだろうか。英『Manchester Evening News』は後半戦のマウントに大きな期待をかけている。
「すでにマウントはトレーニングに復帰しており、先週末よりクラブのジムでトレーニングしている姿が確認されている。チームでは他にも主力選手が復帰していて、チームは最近見せたパフォーマンスよりも高いレベルのパフォーマンスを発揮する必要があるが、最も期待されるのはマウントだ。ユナイテッドではまだ12試合しか出場できていないが、いよいよ再スタートのチャンスだ」

マウントはイングランド代表の常連メンバーでもある。コンディションが戻れば、今夏に控えるEURO2024のメンバー入りも狙えるはず。マウントもそこを目標としているはずで、そのためにもマンUの一員として結果を残す必要がある。

チームも7位と出遅れているが、トップ4争い復帰へペースを上げていけるのか。マウントら主力が揃った際にどんなフットボールを展開してくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ