3冠を達成した19-20シーズンのバイエルンの強さはどこへ? ミュラー「2~3年は僕らを止められなくなるだろうと……」

バイエルンでプレイするミュラー photo/Getty Images

今季もCL優勝候補の一角との声もあるが……

ハンジ・フリックの下、2019-20シーズンに3冠を達成したバイエルン。新型コロナウイルスの影響でチャンピオンズリーグのレギュレーションが変更となるなどイレギュラーなシーズンではあったが、それでも当時のバイエルンは完成度が高かった。

あれからフリックが去り、前線ではロベルト・レヴァンドフスキもチームを離れた。いくつか変更点があり、その後のバイエルンはCLで3シーズン続けてベスト8の壁に阻まれている。

独『Sport Bild』によると、FWトーマス・ミュラーはこの結果に納得していない。ミュラーは3冠を達成した2019-20シーズンのチーム力にかなりの自信を持っていたようで、CLを数年間は支配できるとの感覚があったと語る。
「正直に言うと、2020年にタイトルを獲得した後は、今後2~3年は僕らを止められなくなるだろうと考えていた。少なくとも、CLでは毎年ファイナルに近づいているだろうとね。でも残念ながら、そうなっていない。もちろん僕たちは現在も非常にうまくいっているけど、タイトルを獲得するにはまださらなる努力が必要ということだ」

今季はレヴァークーゼンにブンデスリーガ首位を譲っている状況で、盤石の体制とは言い難い。2019-20シーズンを知るメンバーは多く残っているが、クラブは1つの正念場を迎えている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ